Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panera Breadにハマる

3日ほど前からPanera Breadに通っています。

土曜日、Linusのお友だち(キンダーのクラスメイトの女の子)の誕生日パーティーがあって、2時間ほどだったのだけど、「終るのは18時だから、その時にお迎えに来てくれていいわよ」というわけで、ちょっとした一人の時間を確保してしまいました。

かといって、2時間は私にとって微妙かつ有難い時間。ちょこっと買い物をして、まだ昼食も摂っていなかったし、とそばにあったPanera Breadへ。

私の認識では、スタバ風なパン屋。

入店すると色々なメニューが目に飛び込んできて、オーダーに迷う。You Pick Twoというサラダ、サンドウィッチ、スープから2つ選ぶというメニューを選ぶ(後、これにおおいにハマる)。シーザーサラダとハム&チーズサンドウィッチにアイスティーをつけてみた。

Wi-Fi Freeということもあって、早速iPhoneでネット。楽しー。
あっという間にお迎えの時間になってしまった。

そして、翌日も、その翌日もPanera BreadへYou Pick Twoするくらいのハマりようです。
iphoneだと色々出来るのはいいのだけど、文字入力という意味では、疲れる作業。ネットPCなんていうものも持っているのですが、なかなか持ち出すのは腰が重く、迷っているのですが。。。。。

テストの勉強やレポート作成作業など、誘惑にやたら弱い私には勉強という仕事をするまでにメールやネットサーフィンで時間を浪費してしまうことも多くて(心の中ではこういう時間の無駄遣いは大学を卒業してから、子育てが済んでから!)と思っているのに、全く出来てません。

そこで、最近よく思っているのが、pomera。キングジムから出ているものなのですが、これ、私にとって、こんなものがあったら絶対売れるのになぁと思っていたもの。とにかく私にとって、誘惑にくじけない、やらなくちゃならないことを限定しているものである。下の画像をみると分かると思うのだけど、ほんとカワイイ。文庫本サイズの電子メモ帳。

キングジムからでているポメラ近々買っちゃいそうです。

名前を聞いたときは、なんか説得力のない名前だなぁと思っていたのですが、いまや、ポメラと聞くと、やたら萌えてます(笑)。あー、ポチっと購入ボタンをクリックしてしまいそう。

っていうか、そのうち、ポメラでブログの原稿書きとかWi-Fi Freeなpanera Breadですること間違いなし(爆)。
スポンサーサイト

National Harbor

夫が20日からNational Harborでカンファレンスがあるのというので、近いこともあって朝夫には地下鉄で現地に行って貰い、夕方に子どもたちを連れて、私が車で現地へというプランを急遽決めました。 ホテルは既に夫が押さえてあり、クィーンサイズが2つの部屋(←安いプランはこれしかなかったらしい)というわけで、別に部屋を取る必要もなくラッキー。 行きは、DCを過ぎたあたりで渋滞に巻き込まれたのだけど、幸い子どもたちは静かに眠ってくれたので助かりました。GPSの言うとおりにほとんど進んで無事到着。ホテルのフロントでカードキーを無事受け取って部屋へ。ちょっとのんびりしていたら、カンファレンスが終ったところで、夫が部屋へ。ちょっと前に「一緒に夕食が取れたらいいね!「と話していたのだけど、結局カンファレンスで出会った人たちと食事することになったそうで、私と子どもたち3人でちょっとおしゃれなメキシカンレストランへ。
ちょっとLinusの口には合わなかったみたいであまり食べなかったのだけど、味はとても美味でした。 21日は朝から、LinusとCharlieを連れてNational Harborをお散歩。なかなかステキです。 ホテルの周辺はステキに植栽されていて、のんびり歩けるお散歩コースも充実していました。
ホテルは、ガラス張りでこのガラスの中は小さな街みたいになっていてレストランやお店、カフェなどがありました。雨の日でも気分よさそう!
ホテルから坂道を下ってNational Harborの入口のほうへ向かっていくと、ちょっとした砂浜に面白いオブジェが埋まっていました。ガリバーみたいです。って、名前を忘れてしまいました。
このガリバーの反対側の様子はこんな感じ。まだまだ新しい感じ。
ここからホテルへ向かってHarbor沿いを歩いていくことも出来て途中はベンチも沢山あってよかった。
ちょっとホテルに休憩しに戻って、再び街へ。 そうそう、Natianl Harborの中にゴディバのお店があったので、Linusと二人でちょっと贅沢*
Harborのほうは何やらイベントをやっているようでした。DCのリサイクルシステムについてのブースなどがあって子どもたちで賑わっていました。そこにあったブースで色々景品を貰ってLinusはまんざらでもない様子でした。 ランチは、ガリバーの隣のマコーミック?レストラン。こんなところで食べることになるなら、CostCoで売っていたマコーミックのレストランのギフトカード買っておくべきだった!!でもLunchだったのでリーズナブル。外のテラスでノンビリ食事。近くにベイビーシッターとその子どもがいて、子連れが他にもチラチラいたのでちょっと安心しました。サンドウィッチと
普段、なかなか食べられない牡蠣を頂きました。我が家で食べるのは私だけ....。Linusもちょっと挑戦して、最初はギョッとしたようですが、2口目にはお気に入りの笑みでした。
さらにお散歩をしていると来年だか再来年だかに出来るNational Children's Museumのパビリオンがあって、ちょこっと遊びに行きました。お姉さんから鉛筆を貰ったりしてLinusはニッコニコ。
また建ったばかりのコンドミニアム。
なんかスペインのバルセロナの通りに似ているなぁと思ってベンチに座っていたら、やっぱりモデルにしたと書いてあった。この写真ではちょっと分かりにくいかも。
マヨルガコーヒー。
※実は、この後エスプレッソにハマり、その関係でマヨルガコーヒーにはお世話になっています。Rockvilleにもお店があるので、気になる人はどうぞ。なかなかコーヒーのことがよく分かっています。ただの偶然でしょうが、このときには、このコーヒーショップと縁ができるとは思ってもみませんでした。

さくら祭

15時過ぎから20時半まで、家族4人で外出。 DCのさくら祭を観に行く。Charlieもストローラーデヴュー。Charlieが愚図ることもなく良かったけれど、授乳も搾乳も出来ずキツかった。 毎日何度もFeeding Bottleを洗うせいで気がついたら、手荒れがひどくなっていて痛い。 さくら祭では、日本の鉄道模型があったりして、Linusは真剣に見入っていた。しかもサンライズまで走っていて「Linusサンライズだよ」というと、「分かってるよぉ」と目を輝かせていた。楽しんだようで何より。 ワシントンモニュメントのほうの桜並木のほうまで歩いて桜を観に行ったが、葉桜。(翌日、夫は日本から来た知人とDCへ再度行ったが、満開の桜をみたそうだ) 実は、ここの桜並木で迷子?の子どもを発見。「ママは何処?」と聞いたのだが、パニックを起こしていて「ママ~ママ~!」を泣き叫ぶのみ。あたりを見渡すとフラフラと家族連れが来た。どうやら家族らしい。子どもを置き去り?わざと遠くから見ていたのだろうか?混雑しているところでこれはないだろう...と内心思った。家族と思ったから、その場を離れたけど、もしこれが警察だったら、親子の確認が取れるまで引渡しは出来ないのだろうな...と思ったりする。 さて、今朝のLinus。自宅で自分でズボンが出せないだの、履けない!だのと大騒ぎ。私もイライラしてしまうし、本当に疲れた。 *本日の驚き* Charlieが泣いたので、頭を撫でて、よしよししているときに、少し手が彼の鼻に当たった。するとなんと鼻の頭が冷たい。まるで犬のようだった。以来、つい鼻が冷たいかチェックしてしまう(笑)。

日帰りSeven Springs Mountain Resort*

本日、今シーズン3回目のスキー。 日帰りということもあり、私は自宅でお留守番。夫と息子の二人でお出かけ。 先週、Whitetailで不完全燃焼のLinusの為に、父はSeven Springs Mountain Resortまでの日帰りスキーを決意。すごい執念です。朝5時出発が6時になったけれど、無事出発。週末とあって混んでいたようです。駐車場に車を停めて、スキーウェアに着替えて万事整えてから、メインロッジへ向かうピストン輸送バスに乗り込みます。レンタルオフィスでは、レンタルも事前に自宅からオンラインで予約はしていたものの、それでも30分くらい待たされたそうです。 現地には10時前には到着したけれど、結局なんだかんだと滑るのはお昼あたりからだったようです。Linusとリフトに乗ってスキーは楽しいとみえて、時々状況報告の電話をくれるのですが、とても声が楽しそうでした!初めて1月にSeven Springsに来た時は、もう父親に身を任せモードのLinusでしたが、もうそんな心配はいらないようでした。よかった。 やはりSeven Springsのスキー教室に参加させた甲斐がありました。ここのクラスはいいみたいです。Whitetailのクラスは、先生も若い10代?20代前半?あたりの学生アルバイトな感じで、あんまり....という印象を夫は受けたようですが、Seven Springsのクラスの先生はベテランの先生がビシッと鍛えてくれていい見ていていい印象が夫婦ともどもありました。さすが。 先週の不完全燃焼なスキー教室を払拭するかのように、Linusは軽快にSkiを滑り、当初、スキーが安定するようにSki板の先端にベルトもレンタルするつもりでしたが、レンタルオフィスではなかったようで、心配したとのことですが、もう全然、ベルトの必要すらなくエンジョイしているようだとのこと。電話口で「Linus、Skiすごい上手だよ~」と感動しきりの父親の声がとても弾んでいました。 今シーズンはこれで最後の予定です。 来シーズンは、Seven Springsに平日5日間休暇を取ってSkiを楽しみに来るというのもアリかも?と密かに感じています。

Whitetail resort

今日はWhitetail Resortへ夫とLinusが日帰りSkiへ出かけて行きました。 前日の晩に、なかなか眠らないLinusに私はイライラ。0時を過ぎても眠りません。 「明日早いんだよ、起きられなかったら...」などと少々も文句も言いつつ、ついにプチギレ。Linusを泣かせてしまいました。その後に「ごめんね」と謝って、仲直り。どうして怒ってしまったか理由を話しているうちに眠りに落ちました。母親として失格だなぁと、寝かしつけた後は、育児本で子育てのオサライ。 夫と話したら、一言。 「スキーに行けるのが嬉しくて興奮しちゃって眠れなかっただけだよ」と言われて、ハッとしました。そして、なかなか眠れなかったLinusの気持ちが、ものすごーくよく分かりました。なんと、遠足の前日の晩の興奮した姿だったとは、まったく気がつきませんでした。そーいうことでしたか.....。なんと不覚.....。 朝の6時にご飯が炊けるように炊飯予約をし、明日の朝、道中食べるお弁当の準備、朝やることのメモ書き、Linusのスキーウェアなどの支度、スキー教室の予約をして眠りにつきました。 Whitetailでは携帯の電波受信コンディションが悪いと夫から公衆電話から連絡あり。7時半ころ自宅を出発して、8時50分現地到着。9時半からのLinusのClassには間に合ったようです。Classの係の人に、事前にトイレに行っていないことを話したら、「大丈夫よ~、いつも皆で行かせるから~心配しないで」やら、預け忘れた日焼け止めも後から届けたら、「日焼け止めも塗っとくわ~大丈夫だって~」とのこと。 楽しんできてくれるといいです。

Dealwareへ

3年間住んだDelawareへ朝からお出かけ。 親友のJackieに会う+子どものお下がりをくれるなんていうオファーもあってウキウキして出かけた。カーナビのジェシー吉岡の案内で、Dumascusまで下道、I-70,I-695,I-95を経由してDekawareへ向かう。 Jackieに会う前に、夫がUD(University of Delaware)のProf. Gaoに会うと言い出して、朝に電話。いきなり?と思いつつ、大体、予定を入れても途中でダメになったりすることがあったので、いきなりのほうがいいかも?なんて思っていたら、案の定、「今日なら完璧!」というわけで、一緒にランチを取りつつ会食。Prof.Gaoの奥さん、Peggyも一緒に来て、私も久々に彼女とお喋り。「英語が上手くなった」と言われたり「英語やっぱり下手だわ」と言われたり(笑)。 「J2なら働けるわね!」と言われたけど、今、妊娠中だし、働くつもりはないので、ぼんやりと話を聞いていた。新しく作った会社を案内してもらって、今ものすごく勢いがあることを感じた。 今回、あまり時間がなかったので、ゆっくり話しが出来なかったけれど、とにかく、 「働け、ずっとアメリカにいろ、早く、こっちに家を買え」を熱弁されてしまった(笑)。 こちらに移住して、パイオニアとして突き進んできた彼らから見たら、「何をモタモタしてるのよ!」という風に我々は見えるのだろう。 さて、やっとこ15時半過ぎにJackieと対面。新しく買ったという家を案内してもらう。 今は、リモデル中で一番楽しいとき。1700年代の家らしいけど、素敵にリモデルされていく様子が感じられる。いったい、部屋はいくつあった?バスルームはいくつあった?というくらい沢山で、外観もまるでお城。私はすごく好きだ。 新しい家の後は、以前のTownhouseにJackieのママが引っ越して住んでいて(といっても、以前も隣に住んでいた)、そこでDinner。Jackieママの懐かしいメキシカン料理をご馳走になる。よく、学校帰りに夕食をご馳走になって帰ったのを懐かしく思い出した。「もうお腹いっぱい」と言いつつ、いつの間にか大量に食べてしまえるくらい、美味しい料理だ。 クリスマスの予定は?と聞かれて、25-26日と泊まりがけで遊びに行くことになった。今から楽しみ。クリスマスプレゼントを用意しなくちゃ。今回の訪問で、クリスマスに会えないと思ったからと家族全員にプレゼントをいただいたので、何か素敵なものを我が家からも贈りたい。 懐かしい友だちに以前と変わらず会って楽しめるというのは、本当に素晴らしいことだと思う。

Shenandoah National Park

夫がSF出張から戻ってきた翌週末にShenandoah National Parkに紅葉狩りに行こうかと計画を立てています。 すでにシーズンのピークを逃している感はやたらとするのですが、公式ウェブサイトのFAQにも面白い案内があって笑った。紅葉のピークはいつですか?という質問に対しての答えなんだけど、 結局のところ、そんなの分かんないよ!という訳です。そりゃそうだ。いろいろな場所で違うし、種々の植生によって紅葉の変化はなんともいえない。というわけで、出来る限りいける最大早くて休めそうな日程で組むことに。 とりあえず、2泊3日で予定を立てて、最初の1泊目はSkyland Resortを抑えることが出来ました。次の晩は予約が取れなかったので、Big Meadows Lodgeに空きがあるか検索したら空きがあったので、色々迷ったあげくBig Meadows Lodgeに決めました。次の晩は、山の下のホテルに泊まるものいいかな?なんて思ったのですが(だって、山を望む麓のホテルっていうのもロマンチックでしょ?)、トレイルを歩いたり、ノンビリ過ごしたいという気持ちが勝ちました。でも、一番泊まりたかった、The Clifton Innというホテルが満室だったというのもあります。ここは、またいつか熟年夫婦になったら行こうかな?それともLunchの予約だけでも取ろうかしら?と未だに考えています。 Shenandoah National Park以外にもLuray CavernsCharlottesvilleにも立ち寄りたいという欲張りな野望もあって、なかなかプランが定まりません。 そして、Linusがどれくらい頑張って自分ひとりで歩いてくれるのか?というところにもキーがあったりするので、あまりキツキツにはしないほうがいいだろうなというのも薄っすらあったり。 でも、もしかすると、これが家族3人最後の旅行になるのかな?と思うと、沢山の思い出をLinusに作ってやりたいとも思います。

Appendix

プロフィール

fuku

Author:fuku
いつもどおりの毎日に、
ちょっとした面白さをブレンド*
@Maryland,US
by vividGaithersburg

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

私のお勧め。

g 001 88_31


アルク

ブログ内検索

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。