Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬のリコール

子ども用の風邪薬などのリコールがちょっと前に出て、うちも早くチェックしないとなぁと思いつつ、ペンディング。
飲ませる分は、新しく買い求めていたので心配はなかったのですが、ようやく処理しました。

ウェブサイトで全部できるのは便利。
でも、キチンと調べてなかったのですが、リコールになっているのは、TYLENORだけじゃなくて、MotrinもBenadrylも対象になっていたのは、ウェブで調べて気がついた次第です.....。飲ませちゃったよ、Motrin。病院でもMotrin飲ませてたしね。多分ロットナンバーとか違っていたのでしょう。

自宅にあるこれらの子ども薬をかき集めたら沢山出てきました。総計、7本。リコール、消費期限合わせてこんなに沢山。リコール申請ののち、間違えないようにゴミ箱へ。ふぅ。

今、自宅にあるのは、別ブランドの風邪薬とストアブランドのアセトアミノフェンのみ。
近所に24時間営業のCVSもあることだし、
買いだめ?みたいなことはしなくても(しないほうが)いいのかもしれないと感じました。
スポンサーサイト

Nasal decingestant spray

数日前からの風邪。喉に引き続き、鼻に来ています。

鼻用の生理食塩水を買ったつもりが、実は、違うもので(汗)、
oxymetazoline hydrochioride配合なるnasal spray。

よく日本の耳鼻科にいくと、お決まりのように、診察の後にやる吸入?と同じ薬品の臭いがします....。
私はあれが大嫌いで、よく吸入したフリをしてました(笑)。

で、そうともしらず、鼻に噴射。脳天付き抜けるかと思うくらいのショック(笑)。
でも、めっちゃ効きますね....。ビックラコイタ.....。

本当は、Charlie用に買ったつもりだったのに、6歳以下はask a doctorでした。
でも、やっちゃったものは仕方ない次回は気をつけよう。鼻水はすっかり抜けて私もCharlieもスッキリしてますが。

baby用のNasal sprayちゃんと確かめて買ってこなくちゃ。

車のリース

早いものでこちらに来てもう1年。昨年の5月7日からリースしている車を返却する時期になりました。 二人目が生まれて後部座席は子どものカーシート2つでいっぱい。トランクにストローラーを入れるとそれだけでもう一杯になってしまって、買い物が大変ということもあり、少しトランクの広いものにしたい。ということと、少しでも月々のリース料を我が家の経済状況にふさわしいものに換えたいということがあり、リースしてくれていた会社に相談。我が家の希望になるべく叶うように頑張ってくれています。 1年間お世話になった車にはオイル交換をはじめ、車の点検をしました。明日辺りは、洗車、室内清掃をもっと入念にしたいと思います。オイル交換の時も室内清掃を簡単にしてもらいましたが、日本人として納得できるものでもなく(笑)、私も今朝、室内清掃をしました。が、いつも洗車に行っているお店の室内清掃が気に入っているので、そこへまたお願いしようと思っています。確かスチーム洗浄があったはず。 さて、今日は、そのリース会社へ中古車を見に行きました。中古車のリースというのが我が家にとって一番境遇に合っています。他にも中古車があるので、見て回ってみたのですが、思ったより室内が汚い(汗)。乗っていた人は日本人と伺っていたのですが、本当?日本人って、キレイ好きではなかった?とちょっと思ってしまいました。発つ鳥跡を濁さずという諺があるけれど、リースしていた車に関しては、愛着がわかなかったのかな?と思ったり。 我が家が1年お世話になった車も、元気な男の子がいる家族でしたが、マメに室内清掃をしていたからか、思ったよりキレイでちょっと嬉しかったし、安心して車を返却できるかな?と思ったり。次に乗ってくれる人が喜んで乗ってくれると我が家もハッピーです。

Charlie's US Passport

午前中に、Germantown Post Officeへ行ってCharlieのUS Passportの申請に行ってきました。 平日は10時からのようです。郵便局が開いている時間ならいいのかと思っていて、9時45分に到着したら、10時からだということが判明。でも、早めに行ってよかった。一人当たりの所要時間がわりとかかって、かなり待たされるようでした。 我が家は2番目。乳幼児連れにはラッキーでした。CharlieのSocial Security numberがなかったので、どうなるか少し心配でしたが、結局のところ、「まだナンバーがありません」と伝えると「生まれたばかりだからねぇ」と笑っていました。番号記入欄には、000-00-0000と記入するように支持されました。ウェブではオンラインで入力することもできるのですが、この場合だとできないのかな?やはり000-00....と入力すればいいのだろうか?試していないのでなんともいえないけれど。 無事に申請は受付されて、急ぎでお願いしました。5月には一時帰国なので、ギリギリというところでしょうか。 無事に届きますように。

CHarlie's US passport

5月に一時帰国をするので、CharlieのUS Passportの申請をしなければならない。 申請するために、Social Security numberやらBirth certificateが必要だったりする。 幸い、Birth certificateは、ネット申請をして無事昨日郵送されてきました。 が、Social security cardは??? というわけで、早速、夫に電話。確か病院で記入して提出した書類に、「Social securityの申請も一緒にやる。みたいなところにチェックしたよ」みたいなことを夫が言っていたような気がするのだけど?と夫に確認すると「覚えてない、分からない」だそう。しかも、提出した書類のコピーも取っていないとのこと。そして、提出した書類が一体何だったのかも覚えていないそうだ(爆)。書類をなくされる事の多いこの王国で何やってんのよぉ!と心の中で思いつつ電話を切りました。 私は、Social securityに関しては、夫が申請済みと思い込んでいて、郵送されてくると思っていた。のだけれども何か心配になって色々ウェブで調べていたら、早い人だと2週間で、遅いと3ヶ月なんてこともあるそうで....。それだと間に合わないじゃん!というわけです。これだと夫がいくら申請してくれていたとしても間に合わないジャン!!! とりあえず、Passportの申請をするのに、travel.state.gov.の問い合わせメールで質問。2営業日で返事が来るらしい。とりあえず、生まれたばかりの子どものパスポート申請に、どうしてもソーシャルセキュリティナンバーが必要なのか、まだ番号がわからない場合はどうしたらいいのか?等など質問事項を書いて投げました。 夫の悠長な返事にピキッとなりながらも、切れてもいられないのでこのプロジェクトをマネージメントするのに材料を洗って、今何が出来るのか並べて、出来ることから始めるしかない。 結果オーライになればいいのだけど、それまでのストレスが辛い。 とりあえず、明日はダメもとで郵便局に書類持って行って、申し込んでみる?

英語文法の本といえば、、、

私がデラウェアでESLに通っていたころにこのシリーズの本には、お世話になりました。 赤い本から始まって、黒い本青い本へと進んで行きました。 まともな日本人なら、英語ができない!といっても青い本からのスタートで余裕だと思います。 この本、Understanding and Using English Grammar, Third Editionというのですが、模範解答つきのモノと、そうでないモノがあります。私は解答つきだとつい、答えを見て勉強してしまうので、邪魔というか厄介な気もするのですが、まぁ、これは家族に預けてしまえばいいのかもしれません。 私は英語に興味があったのだけど、全然ダメ。まず、中学1年のころの英語の先生が苦手でした(爆)。そんなもんですね、若いころっていうのは(笑)。 説明のしようがないのだけれど、とにかく、英語を日本語で一生懸命教えてくれる先生に違和感を覚えたのが切っ掛けで、英語ってこうやって勉強するものかしら?と哲学の道に迷い込んでしまってダメダメ。 デラウェアに行くことが決まって英語の勉強!と始めたのが、公文の通信教育。これは、わりと私に向いていました。これが切っ掛けで上達したかどうかは、わかりませんが、とにかく頑張ってやったらそれだけ褒められる(笑)。単純ですね.....。 デラウェア大学のELI(ESLの学校)からDel-Tech(Delaware Technical & Community College)のESLへ転校し、ESLのクラス以外にもアメリカ人と一緒にコンピュータのクラスを取ったり、医療関係のクラスを取ったり、大変だったけれど楽しい思い出として記憶に残っています。 もちろん、今回のメリーランドでの夫の仕事に家族として同行した今も、青い本は持ってきています。復習にもなるし、やはり英語を英語で説明してあるのが一番の早道だと思います。このシリーズの本、日本語化されて日本でも出版されていますが、お勧めは原書です。

キッコーマン特選丸大豆しょうゆ150ml卓上びん

我が家のしょうゆ差しは、数年前からこれに落ち着いています。もちろん、アメリカに来てからも愛用。これは、必需品。 日本で10数年前に一度しょうゆ差しとして購入したものも、液だれしないデザインのシンプルなものでしたが、内容物の名称をきちんと書いてあるシールでも貼っておかない限り、一体醤油なのかウスターソースなのか分からないこともしばしば。こういう、つまらないところでイラつくのは私は苦手です。 しかも詰め替えのときに蓋に醤油がこびりついて外しにくいというデメリットもあった。 というわけで、グッドデザイン賞受賞の元祖キッコーマンが販売している 「キッコーマン特選丸大豆しょうゆ150ml卓上びん」を購入。
この卓上びんも蓋が開けにくいということは時々あるけれど、かなりマシかと思う。大抵、ふきんで包んで回せば開けることができます。子どもの頃、実家の醤油さしもしばらく、このキッコーマンから出ていた卓上びんを使っていたので愛着もあるというわけです。 とにかく、このくびれがなんともいえない。 アメリカのスーパーにもこの卓上びんスタイルの醤油は売っているのだけど、あえて、日本からも1つ持ってきました。デラウェアのときにも使ったので2度もアメリカの地を踏んだしょうゆ卓上びん(笑)。緑色のキャップの薄口醤油はこちらで購入し、醤油を使いきり次第、酢を入れる予定。これで、酢と醤油を使うような献立のときも一安心* 他の醤油メーカーも卓上びんスタイルを販売しているけれど、秀逸なデザインはやはり、キッコーマンであると思う。うむ。

Appendix

プロフィール

fuku

Author:fuku
いつもどおりの毎日に、
ちょっとした面白さをブレンド*
@Maryland,US
by vividGaithersburg

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

私のお勧め。

g 001 88_31


アルク

ブログ内検索

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。