Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hospital Tour

今日は11時から、出産予定の病院Shady Grove Adventist Hospital(Rockville, MD)へ行ってきました。 Linusを連れてTourには参加できないことが分かり、NISTの日本人会の方にLinusをお願いしました。前回もお願いしたことがあるのと、男の子のお子さんもいることもあって、Linusはすっかり気に入っているのですが、なんせ元気なので、事前に、「お利口に、優しく」と唱えました。 Tourでは、入院時のアドバイス、LDR室、LDRを出た後、退院までを過ごす母子室?、待合室などを見学。基本的にLDRへの入室は3人までで人数分のシールになった名札をくれるとのこと。母子室に関しては、とくに制限は厳しくないのだけれど、自分の子ども以外の、いとこやら、友人知人の子どもは16歳以上とのこと。以前は、制限を設けていなかったのだけど、昨年、病気の子がお見舞いに来て大変だったことがあったのだとか。それ以外にもやはり、出産直後の女性や生まれたばかりの新生児を持つ家族のことを配慮してほしいからということでした。部屋は暑いくらい?でしたが、これはガウン1枚のみの妊婦や産後の女性、新生児の環境を最優先したためだそう。部屋はそんなに広くもないけれど、快適。子連れで病院で入院期間を過ごすときは、DVDを持ってくるといいですとアドバイスされた。 カメラ、カムコーダによる撮影は、病院側としてはOKとのこと。医師によってはダメということもありうるとのこと。旦那さんはカメラやカムコーダに夢中になりすぎず、奥さん(パートナー)をちゃんとヘルプしましょう!あと、やはり撮影されることに敏感になる女性が多いので、忘れないように!と釘を刺していました(笑)。我が家は、むしろ、時間帯によっては、Linusのことがあるので、出産の瞬間に夫がいないかもしれない可能性もあるので、是非とも撮影はぬかりなく行いたいのですが(笑)。産声もちゃんと記録しておきたいし、私も産むことだけに集中するので後で、ジックリ見たいというのもあります。 LinusのときにもHospital Tourに行きましたが、なんだか久しぶり、あぁもうすぐ出産なんだな。とジンワリと感じてきました。 Tourが終り、LinusをPick Up。Lunchに呼ばれて、ついデザートまでご馳走になってしまいました。美味しかった。そして、なにより食器に惚れました。やはり、食器だけは日本で準備してくるに限ります。Linusも思いっきり遊んで楽しんだようです。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

fuku

Author:fuku
いつもどおりの毎日に、
ちょっとした面白さをブレンド*
@Maryland,US
by vividGaithersburg

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

私のお勧め。

g 001 88_31


アルク

ブログ内検索

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。